詩・その他


by superkavi

『この愛に泳ぎ疲れても』


夜空を剥ぎ取って
この心を包むことができたなら
あなたの宇宙(そら)を飛べたでしょうか

星をつかまえて
髪に飾ることができたなら
果てしない大海原を
あなたまで導いてくれたのでしょうか

誰もいない真っ暗な海で
聴こえるのは悲鳴にも似た風の音
投げ出した足の上に横たわる記憶は
波間に流され見えなくなる

帰るべき場所は砂に埋めて
船出した日も遠く
信じるという櫓は折れ
それでもこの手で掻き寄せる
この船を壊して波に飲まれれば
あなたを独り占めできたのでしょうか

波か涙かもうわからない
一つの星が流れていく先に
あなたがいると誰かが囁く
手放してはならない大切なものならば
この愛に泳ぎ疲れても



**************************

ZARD「この愛に泳ぎ疲れても」のオマージュ
[PR]
by superkavi | 2007-06-05 04:33 |