詩・その他


by superkavi

存在の孤独


 二人の間を繋ぐ大切なものは、「存在の孤独」だと答えた。
人は何も持たずにこの世に生まれ、何も持たずに消えていく。他人とつながっていたい、つながろうとして、けっきょくは独りであることを思い知らされるのが人生である。
食料の自給率が40パーセントほどといわれるこの国の惨状は、改めて言うまでもないが、しかし、飲食業界で廃棄される残飯の量たるや、それこそ天罰てきめんである。人は満たされれば飽き、そのものの大切さを忘れる悲しい生き物だ。
 愛するものが周りにいるときに、人はその大事さを忘れてしまう。失って気づくが、得るとまた忘れてしまう。
「耐え切れなくて手放すのは愛じゃない。」とは、あるドラマの台詞である。
なぜ耐えきれなくなるのだろう?

 永遠を誓い、その人だけをと思いながら、どうして別れてしまったり、他の人に目が移ったりするのだろう?

 すべて存在するものは移り変わる・・・お釈迦さんはそう言った。そうには違いない。移り変わらぬものなどない。ただ、それは「移り変わる」ということだけであって、「無くなる」ということを言っているわけではないだろう。この宇宙において「無」という状態は存在しないのだから。

 世界が滅びて、二人だけが残されたときに、その相手の存在だけが自分を認めてくれるすべてであるとなった時、人はその人に対する好悪を飛び越えて、そこに愛着を抱くのではないだろうか。
 多くのものに目を奪われるから、ものが見えなくなる。飢餓状態ならば、残飯などほとんど出ることはないだろう。それと同じことだと思う。
 二人の関係が停滞することを「倦怠期」と言うが、世界で二人ぼっちになったとき、倦怠期はあるのだろうか?そのような前提は、架空でしかないから、意味を成さないという指摘はあるだろう。
 でも、本当は、そういう想像や希求の欠落こそが人間の内面的な貧困にもつながっているような気はしている。
 相手に不自由しない、という人は、なるほど飽食であろうから、とっかえひっかえできるだろう。そのほうが良いという人が大半かもしれない。

 しかし、それは、自分が「残飯」になる可能性を秘めたままであることも事実である。どんな人もやがては老いる。それでも傍にいてくれる人はいるのだろうか?

 法然は、数多ある仏陀の中から「阿弥陀仏」を選んだ。いや、選ばされたのかもしれない。どちらにせよ、彼は「ただ一向に念仏すべし」と言い残した。阿弥陀仏にすがれと。そしてそれこそが、この悪世の時代の我々に残された救いの道であると。もはや自力では悟れない世界にいる我々の最後の道だと。

 存在の孤独というのは、淋しくて無力なものである。だからこそ、それを認めてくれる存在を欲する。言葉は矛盾するが、互いの間に存在の孤独があり、それを忘れることがなければ、「耐え切れなくて手放す」ということは起こらないのかもしれない。相手がたった一人の存在であるという認識、あるいは想像。そういうことが必要なのだろうと。それは「存在の孤独」に裏打ちされた希求でしかないかもしれないが、そのことを忘れて満たされてしまうとき、人は他のものに目を奪われる。
 それはそれで仕方のないことでもあるし、どうやったって修復が不可能な関係になることもあるだろう。

 あるいは、たった一人の存在だと思っていた相手が、他を向いてしまったときなど、どうすることもできないこともある。やはり「存在の孤独」である。

 どんな金持ちにも、どんな貧乏人にも、美男子にも美人にも天才にも馬鹿にも、死は平等に訪れる。そして「老い」も。容姿に縛られ、若さに縛られれば、すべてそれらは失われゆく存在であるから、当然、それの消滅とともに関係は終わってしまうだろう。

 相手の老いも、死も、許容できるとするならば、その相手しかいないのだ、という存在の孤独であろうと思う。よい意味での諦めというと語弊があるかもしれないが、それは「寛容さ」である。
二人でいても「孤独」であることもあるだろう。人生はそれほど甘いわけではないのだから。

 「貴人、人の情けを知らず」という先人の言葉がある。初めから持てるものなどありはしないのに、自分は持てるものだと勘違いすることから生まれる人間の傲慢である。

 淋しいから、他人に優しくなれるのだということも考えれば(それだけではないにしても)、存在の孤独が二人をつなぐものであったとしても、いいのだと思っている。
 浄土教は「恋に似ている」といわれることがある。恋焦がれることで、そこに到達するという面もあるからであるが、それは性欲や物欲ではなく、やはり、孤独から来る恐怖という面もあると思う。たった一人ぼっちに死んでいかねばならない恐怖。だからすがるものを人は欲する。

 追い詰められねば人は真実、理解もしないし見えもしない。そして心から望みもしないし、許しもしない。
 人の間と書いて、人間である。最低二人は必要だという昔の人の智慧だ。
「あなたがいないと、私は人間たりえない。」
 ダメ人間かもしれないが、互いにそういう認識の持てる相手ならば、結びつきは強いのではないだろうか。たとえそれが、世間一般で言う「恋」や「愛」ほどの派手さはないにしても。

 そんなことをつらつら思った。
[PR]
by superkavi | 2007-06-18 04:02 | 思考の断片