詩・その他


by superkavi

私小説「機動戦士ガンダム ガイスト」第5話エンディングより

 
 部屋に転がる紙くずは
 みんな君への想いの花さ
 ベイビー
 丸められた花の数だけ
 君への想いが溢れてる
 人の数だけ
 想いを残した死があって
 それを賛美する声が響いても
 この紙くずにはきっときっと
 敵いっこないさ
 なぜなら君の
 涙をこれで
 そっと拭ってやれるから

[PR]
by superkavi | 2007-06-20 11:48 | 言葉のエナジー