詩・その他


by superkavi

哀しみ皇子


ぼくは哀しみを探索する哀しみ皇子

ひとの哀しみを歌ったりするのがぼくのしごと
あたりまえだけど、ハンカチーフはいっぱいあるの

ある日、変なひとに会った
「俺は哀しみを人間に植えているのだ」
そのひとはそういったので
「ああ、哀しみはぼくのしごとだから、とっちゃダメ」
あわてて哀しみを取り上げた
「おまえは誰だい?」
「ぼくは哀しみ皇子」
「では皇子、哀しみとはなんだか答えられるかい?」
ぼくの手の中で取り上げた哀しみが震えている
「ばかにするなよ、かんたんさ、人生、おもい通りにいかないから、哀しむんだよ」
昨日読んだ『哀しみマニュアル』に書いてあったことだから間違いはない
手の中で哀しみが笑っている

「おまえの哀しみは偽物だ」
ぼくはこんなことをいわれたのは初めてだ
偽物だなんて失礼しちゃう
ちょうど
ぼくと変な人の頭上を
哀示美鳥が(シミジミ~シミジミ~)
と、なきながら飛んでいく

しみじみ

「人生なんて思い通りにいくもんかい!それは無知であって、哀しみじゃないよ、皇子」
むずかしいことを言う人だ
「じゃあさあ、きみは知っているのかい?」
ぼくが尋ねると、また、手の中の哀しみが笑う
「だから言ったろう?俺が哀しみを植えているんだよ」
ぼくは感心したので
その人がどうやって哀しみを栽培しているのか聞いてみたけど
「哀示美鳥についていけばわかる」
としか教えてくれなかった

しかたがないので
ぼくは哀しみ本線に乗り込んで(当然、こども料金だ)
後を追うことにした
そしたら車掌のやつが
「あなたの手にいる哀しみ分の料金もいただきます」
といってきた
今日はさんざんな日だ
手の中の哀しみは鼻歌を歌っている
とうさん、かあさん
ぼくはしばらく旅にでます

つぎの停車駅は

哀しみ宝石職人
停車時間は
哀しみ時間琥珀色

だってさ
また手紙かくね
[PR]
by superkavi | 2007-06-20 22:11