詩・その他


by superkavi

哀しみ皇子(2)


ぼくは哀しみを探索する哀しみ皇子

哀しみ本線で旅をはじめたの
こんどの駅は
哀しみ宝石職人駅だって

職人みたいなオジサンがいた
ねえねえ、オジサンはなにをやっているの?
「やあ、哀しみ皇子、俺はここで涙を宝石に変えているんだよ」
どうしてこのオジサンがぼくの名前をしっているのかわからないけど
不思議なことをいうオジサンだ
あ、若い女の人がやってきた
オジサンは女の人の話を聞いている
ハンカチーフのようなものを取り出して、オジサンは女の人の目にあてた
オジサン、なにをしているの?
「皇子、宝石を作るのには原石がいるんだよ」
オジサンはハンカチーフのようなものを鍋に入れた
「こうやって取り出すんだ」
どうやらハンカチーフみたいなのが溶けて、表面に涙が浮いてくるみたい
それをオジサンは大事そうに柄杓ですくっては型に入れてる
ぼくの手の中の哀しみが震えだした
「涙を宝石にするにはね、涙だけじゃダメなんだ」
オジサンは独り言を言い出した
どういうこと?その場で涙だけをもらえばいいのに
「優しさが加わらないと涙は宝石にならないんだよ」
ぼくには意味がわからなかったけど
へえ~、それがオジサンのしごとなんだね
とわかったようなふりをしてみた
窓の向こうから哀示美鳥がぼくを見て鳴いた

シミジミ~

女の人が帰っていって、ぼくとオジサンだけになった
「皇子はどうして哀しみ本線なんかに乗っているのだい?」
ぼくは変な人に言われたことを、そのままに話した
哀示美鳥についていけばわかるからって
「ああ、哀示美鳥は線路に沿って飛ぶからね、ちょうどいい」
話していると、違う女の人が来て、違う男の人も来た
オジサンはそれぞれに宝石をわたしていく
「皇子、今日はここに泊まっていきなさい」
ぼくは困った
哀しみ時間琥珀色だから、いつまで哀しみ本線が止っているかぼくは知らないので
というと、オジサンは、
「琥珀色だから大丈夫、今日は泊まっていきなさい」とくりかえした
こまっちゃったよ、ぼく
「皇子は、あれだな、いままでに流した自分の涙の量はしっているかい?」
そんなことしらないよ
「哀しみ皇子なんのにしらないのかい?おやおや」
オジサンは型から取り出した涙の石を磨きながらおどろいた
「じゃあ、涙の総量は?」
そうりょう?お坊さん?
「皇子はまっすぐなよい子だね、これが終わったら話してあげよう」
だから泊まっていきなさいって、オジサンは笑いながらいう

とうさん、かあさん
しらないオジサンの家に泊まるぼくをゆるしてね
やっぱりぼく、哀しみ皇子だから
涙のことぐらい知っとかなきゃって

また手紙かくよ
おやすみ

[PR]
# by superkavi | 2007-06-21 21:32 | 哀しみ皇子


ひまわりは、いつでも君たちのそばに咲いている
君たち自身がまた、ひまわりのように咲くことができれば
やり直しのきかない人生などない
例えば老人になったとしてもだ

僕は知っている
この鑑別所の中でも、君たちのすぐそばで咲いているひまわりの花を
そして、君たちもまたひまわりになれるということを
ひまわりは日差しを欲しがる
しかし、争うようにはしない
皆いたわり合うように、太陽の出る東の空を向いている
ここは君たちを裁く場所ではない
君たちが、自分を見つめ直す場所だ
人の分の日差しまで欲しがらなかったか
いじけて、咲くことをやめなかったか

僕は知っている
君たちは、友達というひまわりを求め
そして君たちもまた、ひまわりになれることを
ひまわりの花言葉を知ってるかい?
「いつも、そばにいる」
そしてもう一つある
「あなたは、素晴らしい」
そばにいる人に言ってあげられるかい?
そうしたら、君も言ってもらえるよ
あなたは、素晴らしいと

[PR]
# by superkavi | 2007-06-21 00:32 | 言葉のエナジー

哀しみ皇子


ぼくは哀しみを探索する哀しみ皇子

ひとの哀しみを歌ったりするのがぼくのしごと
あたりまえだけど、ハンカチーフはいっぱいあるの

ある日、変なひとに会った
「俺は哀しみを人間に植えているのだ」
そのひとはそういったので
「ああ、哀しみはぼくのしごとだから、とっちゃダメ」
あわてて哀しみを取り上げた
「おまえは誰だい?」
「ぼくは哀しみ皇子」
「では皇子、哀しみとはなんだか答えられるかい?」
ぼくの手の中で取り上げた哀しみが震えている
「ばかにするなよ、かんたんさ、人生、おもい通りにいかないから、哀しむんだよ」
昨日読んだ『哀しみマニュアル』に書いてあったことだから間違いはない
手の中で哀しみが笑っている

「おまえの哀しみは偽物だ」
ぼくはこんなことをいわれたのは初めてだ
偽物だなんて失礼しちゃう
ちょうど
ぼくと変な人の頭上を
哀示美鳥が(シミジミ~シミジミ~)
と、なきながら飛んでいく

しみじみ

「人生なんて思い通りにいくもんかい!それは無知であって、哀しみじゃないよ、皇子」
むずかしいことを言う人だ
「じゃあさあ、きみは知っているのかい?」
ぼくが尋ねると、また、手の中の哀しみが笑う
「だから言ったろう?俺が哀しみを植えているんだよ」
ぼくは感心したので
その人がどうやって哀しみを栽培しているのか聞いてみたけど
「哀示美鳥についていけばわかる」
としか教えてくれなかった

しかたがないので
ぼくは哀しみ本線に乗り込んで(当然、こども料金だ)
後を追うことにした
そしたら車掌のやつが
「あなたの手にいる哀しみ分の料金もいただきます」
といってきた
今日はさんざんな日だ
手の中の哀しみは鼻歌を歌っている
とうさん、かあさん
ぼくはしばらく旅にでます

つぎの停車駅は

哀しみ宝石職人
停車時間は
哀しみ時間琥珀色

だってさ
また手紙かくね
[PR]
# by superkavi | 2007-06-20 22:11
 
 部屋に転がる紙くずは
 みんな君への想いの花さ
 ベイビー
 丸められた花の数だけ
 君への想いが溢れてる
 人の数だけ
 想いを残した死があって
 それを賛美する声が響いても
 この紙くずにはきっときっと
 敵いっこないさ
 なぜなら君の
 涙をこれで
 そっと拭ってやれるから

[PR]
# by superkavi | 2007-06-20 11:48 | 言葉のエナジー
  
  ふたりをば
  ひとつにしたとおもうたは
  つひかなしみのときばかり。

 二人の上にかなりの月日が流れた。処に馴れ生活に馴れ運命に馴れて
二人があり得ることを感謝する念がなくなったから
二人はもうまったく別々な生活の感覚を持つやうになった。
それでも人生の路上には運命の恐ろしさを感じて
一つの線上で心が触れ合うときがある。
悲しみの涙の中に二人の心が漂ひながらいつか抱合ふ。

[PR]
# by superkavi | 2007-06-20 01:13 | 言葉のエナジー